予定よりも早い?!

ここでは、「予定よりも早い?!」 に関する記事を紹介しています。
どうも、こんにちは。

前回及び、前々回の記事をお読みになった方には、意外に思われるかもしれませんが・・・
本人&家族も驚く程(笑)、予想外の早さで退院することが出来ました。(^^)v

何と言っても、一番喜んでくれたのが犬たち(笑)




こちら、入院翌日の犬たちの様子。

いつも、車で帰宅すると喜びながら猛ダッシュで玄関を飛び出し
迎えに来る犬たちなのですが・・・

そんな調子で、出てきたら・・・
父の姿が見当たらず、ちょっと(かなり?)ガッカリって感じです。




あれ? いないの ?! って感じの表情で車の中を確認中のタンタン。




な~んだ、いないのか・・・ って感じの表情のレオ。




レオもタンタンも、親分不在の間は、不安とストレスが大きかった模様。

ごめんね。



しかし、 安心して下さい。 今日から居ます。(笑)




親分帰宅直後のタンタンの様子。
あくびしてるけど・・・(一応、喜んでます。)

レオは、足元で寄り掛かるようにお座りしています。
(画像が無くてすみません。)




画像からは、いまいち喜びが伝わってきませんが・・・(笑)
とっても嬉しそうにしていました。


処置の結果は、胆管に入っていたステントの入れ替えも無難に済み
問題の膵嚢胞は、直接、嚢胞中心部へ管を送り込む事は出来ませんでしたが・・・
すい臓から嚢胞への交通(繋がっている所)に管を少し通す事が出来ました。

交通の部分が細かったようですが、その部分へ管を通す際に嚢胞内の液が出てきた。と、
説明を受けました。今後、時間の経過と共に様子を診て行き、嚢胞の縮小(消滅)を
期待して行く事になります。 なので、現在は2本の管が体内に入っている状態。

入院の数日前から、シクシクと患部の痛みがあったのですが
処置後は痛みも無く、炎症反応等もなかった為、予想外の早さで退院できました。

今回の入院処置で、完治した訳では無いので、手放しで喜べないけど・・・
少しでも回復方向へ向かっているのは確かなようです。




レオも、喜びの表情を見せてくれました。

退院当日のお天気は、あいにくの空模様でしたが
実質、5日間の入院で済んで、一安心。

画像にもありますが、もう11月だというのに、なぜかハイビスカスが咲いています。




ちょっと寄り過ぎて、ボケ気味な画像になってしまいましたが...
この、真っ赤な色のハイビスカス、とても好きなんです。

その他に、いつもホームセンター等で見かける、真っ赤なバラも好きで
”熱く燃える情熱”のような真紅の花が好き。(なんだか凄く単純(笑))





親分が帰還(笑)したら... 早速(?)ベッドで安堵の表情。




同じく、タンタンも一安心したようです。

ああ、なんだか画像では不安の時と安堵の時の”差”がほとんどない感じですけど...(笑)




・・・

一応、こう見えても...すごく落ち着いている(安心している)犬たちです。
イジケてる訳ではありません。(笑)

とりあえずですが、ひと安心と、一段落が着きました。
応援ならびに、ご心配下さり、どうもありがとうございました。

明日からまた、当分の間は、いつものように過ごせそうです。


今回も最後までお読み下さりどうもありがとうございました。
では、またね。

にほんブログ村 犬ブログへ  にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ  にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dekawan5life.blog.fc2.com/tb.php/298-469f18c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック