またしても起きた...

ここでは、「またしても起きた...」 に関する記事を紹介しています。
どうも、こんにちは。

先週末まで、随分と雨が降りました。
各地で甚大な被害が起きたのはニュース等でご存知かと思います。

自衛隊をはじめ、警察・消防等の救助及び救援隊の方々が必死の活動を行い
その様子がTVで中継もされていました。
(個人的に"報道のヘリが多過ぎ"なんじゃないの? なんて思いましたが...)

犬を飼っている者として、やはり気になってしまうのが「犬も一緒に救助されている」事。
(当然、人命救助が第一優先でありますが)
世の流れとして、「ペット=(イコール) 家族」と言う認識が高まって(強まって)いると感じました。

一緒に救助できなかったり、流されてしまったペットも
飼い主以外の人々により助けられ、ツイッターやフェイスブック等のSNSを利用し
その情報で、無事に飼い主と再会出来たペットもいたようです。

被害に遭われた方々が、一日でも早く安心して元の生活を送れますように。


・・・


さて、「マンネリなんかは、なんのその~♪」な我が家ですが...(笑)




いつもと変わらず、似た様な画像...
今夜は、”秋” を感じる涼しい(肌寒い)お散歩。

気持ち良さそうに、爆走&ワンプロで(笑)いつもより多く遊びました。


で、題名の「またしても起きた...」なのですが
何の事かと言うと・・・

警察官が人襲った体長120センチ「紀州犬」に13発発砲し射殺
住民「テレビ番組かと…」 千葉・松戸

Yahooニュース:産経新聞より以下引用

 14日午前2時ごろ、千葉県松戸市日暮の路上で、同市に住むアルバイトの女性(23)が犬にかまれたとする110番通報が、一緒にいた友人の女性からあった。約30分後には同市稔台の路上で、同市に住む飼い主の男性(71)も襲われてかまれ、一緒に犬を捜索していた県警松戸署地域課の男性署員3人が拳銃計13発を発砲し犬を射殺した。かまれた2人はそれぞれ左腕に軽傷。日暮では13日夜に10代後半の男性も犬に右腕をかまれて軽傷を負っており、同署は同じ犬にかまれたとみて調べている。

 同署によると、署員らは犬を見つけた際、制止を試みたが襲いかかってきたため発砲した。犬がひるまずなおも襲おうとしたため撃ち続けると、犬は13発目で倒れたという。同署は「拳銃の使用は妥当で適切だった」としている。

 同署と飼い主の男性によると、犬は「ミリオン」という名前の7歳の雄の紀州犬で、体長約120センチ、体重約21キロ。13日夜に犬に襲われた男性の家族から、「近所に似た犬を飼っている家がある」と聞いた署員が男性方を訪ねたところ、いなくなっていることが分かった。

 犬は普段から家族にかみつくなどしており、物置の中で飼われていたが、13日は首輪とリードで住宅の敷地内につながれていた。敷地内に首輪が残されていたことから、抜いて逃げたとみられる。

 署員は飼い主の男性とともに犬を捜索し、女性が被害に遭った現場の近くで犬を発見。男性がおとりになって、手ぬぐいを巻いた左腕にかみつかせて捕獲を試みたが、左腕の別の場所をかまれて失敗。男性が犬から離れたあと、署員が男性に許可を取り発砲したという。

 犬が射殺された現場は新京成みのり台駅から東に約400メートルの閑静な住宅街。発砲現場の松戸市稔台では14日午後まで発射された弾丸の捜索が行われ、警察官が側溝をライトで照らし、のぞき込んで探していた。コンクリート塀には弾が当たって白くえぐられた跡が残り、警察官が2カ所の弾痕の間隔を物差しで測っていた。

 すぐ脇に住む女性は「たまたま目が覚めてテレビを見ていた。バンバンという音が10回ほど連続して聞こえた。一瞬テレビ番組の音声かと思ったが、すぐに外から聞こえたと分かった。不安を感じたので外には出なかった」。近くに住む40代の主婦も「外が騒がしいので目が覚めた。けんかだと思った。拳銃の発射音など聞いたことがなかったからタイヤのパンクと思った」と話した。

 稔台第1町会会長の中村敬一さん(68)は「生活道路の交通事故には気をつけていたが、予想もしない事件に驚いている。深夜でも人通りはあり、流れ弾の被害がなくて良かった」と話す。

 現場周辺は、昭和30、40年代から開発がすすんだ一角。一戸建て住宅が多く、マンションは少ない。犬を飼う家もあるが小・中型ばかりで、中村さんは「大型犬を見たことはなかった」という。




以下、個人的な感想。
また咬傷事故か ?! と、思ったところ、なんと!犬を銃殺...
アメリカなどでは、ピットブルやロットワイラーが警官に銃殺されたなんて事は
何度も見聞きしたことがあるけど・・・

まさか、日本でこんなことが起きるとは...しかも千葉県。
ネットで昔、松戸市の事を「マッド・シティー(マツド・シティー)」なんて揶揄されたりしたものですが・・・
こりゃ、シャレじゃなくなっちゃう。

状況からしても、仕方なかったかもしれないが、咬まれて怪我をした方には申し訳ないかもしれないけど
一番の被害者は「犬」じゃないかと(それと同時に加害者でもあるが)...
そして、全ての責任は「その犬の飼い主!」

記事中には
> 犬は普段から家族にかみつくなどしており、物置の中で飼われていたが、
> 13日は首輪とリードで住宅の敷地内につながれていた。
> 敷地内に首輪が残されていたことから、抜いて逃げたとみられる。


これを読む限り、普段物置に閉じ込めっぱなしで散歩なんか一切行ってなかったと想像をしてしまう。
どうして、何で、そんな風に育ててしまったんだろう?
一般的に「紀州犬」と言えば、和犬で狩猟犬、このようなプリミティドッグの場合
しつけをはじめ、飼育は難しい犬種だとは思うけど...

犬の気持ちにしてみれば、初めて手に入れた自由も、つかの間・・・銃で撃たれ死んだ。
人を襲ってしまったのも事実だが、非常に残念な気持ちだ。

※怪我を負われた方には、お見舞い申し上げます。
  襲われた方や対応された警察官、その他関係者を
  揶揄や非難する意図は、ありません。 ご了承下さい。


・・・


まだまだ、沢山思う事や言いたい事はあるけど・・・
長々と個人的意見を述べてしまい、失礼いたしました。




当ブログ内で何度も書いていることだが・・・
「自分の犬を”被害者”にも”加害者”にも絶対にさせたくない」

今回の様な事故(事件)が起こる度に、いつも思う事。




なぜなら、犬はかけがえのない家族の一員だから。

ウチの犬たちも含め、自分自身、至らぬところも多々あり完璧ではないかもしれないが
犬たちから全幅の信頼を寄せられている”飼い主”として、身の引き締まる思いです。









レオ、タンタン、 何があっても命がけで君たちを守るから、何も心配しなくていいよ。
そんな思いが伝わってこそ、犬との信頼関係が築けると思っています。

明るく・楽しく・元気よく そんなブログのつもりなのですが
今回は、ちょっとばかり真面目(個人的意見が大半)な記事になってしまいました。

最後に一言。
全ての飼い主と犬が皆、幸せでありますように!


今回も最後までお読み下さりどうもありがとうございました。
では、またね。

にほんブログ村 犬ブログへ  にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ  にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ
コメント
この記事へのコメント
おきてしまいましたね…(ー ー;)
なんでこんなになるまで放って置いたのか⁉️物置に閉じ込める前に訓練士などに相談するなりしたのか疑問です。
十年以上生きるのにずっと閉じ込めて飼うつもりだったんでしょうか…それはそれで犬が不憫です(T ^ T)

2015/09/17(木) 12:52 | URL | エリー姉 #-[ 編集]
新しい記事で書いた通り、入院中だったので...
せっかくコメントを入れて下さったのに返信遅くなりすみません。

警官が犬を射殺なんて、日本では初めて?な、気がします。
姉さんの言う通り、こんな事がが起きるまでの経緯が気になり、
また、飼い主にどんな事情が有ったか、わからないけど
本当に切ない気がします。
2015/09/29(火) 23:54 | URL | レオタンタン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dekawan5life.blog.fc2.com/tb.php/280-ceab2d1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック