備えあれば憂いなし。

ここでは、「備えあれば憂いなし。」 に関する記事を紹介しています。
どうも、こんにちは。

まずは...前回の記事で、レオの事につきまして
たくさんの御心配ならびに応援いただきまして、どうもありがとうございました。
経過等については、今後も何か変化がありましたらブログにてご報告していきたいと思います。

また、その他アドバイス等ありましたら、お教え下されば幸いです。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。


さて、早いものでもう9月になりました。
きょう9月1日は「防災の日」です。昨年も同じ様な記事を書いたのですが・・・
今回も防災対策について色々とお話ししてみたいと思います。



P140901_1.jpg
夏休み最終日の昨日。いつものように公園で友達待ちの犬たち。(笑

残念な事に、一部では風化しつつある2011年の「東日本大震災」とそれにともなう福島の「原発事故」
また、今夏の広島の土砂災害をはじめ、記録的豪雨による災害。
そして、あまり報道はされませんでしたが、先日の米国カリフォルニア北部を中心とした大きな地震。

災害は忘れた頃に・・・ なんていう言葉もありますが、いつ?どんな?災害に遭うか予想もつきません。
いつくるかわからない恐怖に不安を抱いても仕方がありませんが・・・
万が一の時に備えておく事は、決して無駄ではないと思います。



P140901_2.jpg
タンタンは先の震災後に生まれましたが、震度5弱の揺れは経験済み。

犬・猫をはじめ、ペットを飼っている方にとっては、「ペットは家族同然」とか「ペットは立派な家族の一員」
そんな風に考えている方々がほとんどだとおもいます。
災害時におけるペットの救護対策ガイドライン がありますが・・・

各市町村や地方自治体によっては、まだまだ格差があるのではないか? と、思います。
いざと言う時に、行政に頼れなかった場合は「自力で何とかしなれればなりません。」

昨年も紹介しましたが、防災対策のチェックリスト。



P140901_3.jpg
今一度、ご確認してみてはいかがでしょうか?

こんな、ペットの防災対策について調べたりしていたら・・・
ペット先進国(?)と言われてるアメリカでは、色々なグッズがあるようです。



P140901_4.jpg
家の玄関や窓などに貼る、コーションサインステッカー。
(非常時の際は、ペットを助けて下さい) と書いてあるサインラベル。

さらには・・・



P140901_5.jpg
指定場所(避難所等かな?)まで連れてきて! なんて少々強引なものまで・・・(汗

こういったラベルなど、ペットショップ・トリミングサロン・ペットホテル等々で
無料配布(有料の物もアリ)している所が非常に多くあるそうです。

一方、我が国ではどうでしょうか?
このような物を無料配布している所など皆無に近いのでは?
(もしも、知識不足でしたらスミマセン。)

・・・

じゃあ、似た様な物は?と検索してみたら・・・



P140901_6.jpg
この様な物がありました!(ステッカーと意思表示カードがセットになっている)

しかし、よくよく調べると・・・製作されたのが2006年ごろらしく
現在では取り扱って(製造されて)ないようです。

WEBでは 「Big Tree For Animals」 において、無料で 「ペットの為の意思表示カード」
ダウンロード出来るようになっています。

(カードには、「信頼できる代理人に連絡して下さい」と表記されているのですが・・・
 我が家の場合、レオとタンタンの2頭を安心して任せられる「信頼出来る代理人」がいない・・・(涙))

この様なステッカーの他に、Webを徘徊して偶然見かけたのが・・・



P140901_7.jpg
こんな画像。

なかなかのアイデア物だと思いますが... 
貼る位置にもう一工夫しないと、ドアを開けた際に見落とす可能性ありませんか?

また、画像はありませんが・・・ ステッカーではなく、オーダーメイドの表札屋さんや看板屋さん等に
上記の様な注意書きを入れたプレートを作成してもらっていた方もおりました。


で、我が家はコレを買いました。↓


既に注文済みなのですが・・・このブログを書いている時点では、まだ商品到着していません。
商品が届いたら、画像を改めて紹介いたします。

少々、長くなってしまいましたが・・・もう少しだけお付き合いくださいね。(笑


・・・


さて、この様な物の他にも 万が一の備えとして準備しておくとよい物として・・・


P140901_8.jpg
御覧の通り、「PET FIRST AID」 (ペット用ファーストエイド・キット)

まあ、「非常時用の持ち出し救急箱」とか「携帯用救急セット」といったところ。
あくまでも個人的感覚ですが・・・日本ではあまりメジャーな存在ではないような気がします。

海外(特にアメリカ)では、自動車ディーラーで取り扱ってたりしていて、常に車載していたりもする。
(もちろん、あくまでも人間用のファーストエイド・キットですが・・・)



P140901_9.jpg
キットの内容はこんな感じ。

まあ、各資材や薬剤等を自分で買い揃えて、自作のキットを準備するのもアリですが・・・
この商品は 「アメリカのアマゾン」 で取り扱っていました。 お値段は $44.79 です。



P140901_10.jpg
マニュアルも付属するのですが・・・ 当然、英文マニュアルになります。

じゃあ、日本のアマゾンや楽天といった通販を検索してみると・・・

【救急箱】ペットファーストエイドキット

【救急箱】ペットファーストエイドキット
価格:2,983円(税込、送料別)


アウトドアブランドの 「LOGOS」(ロゴス・ジャパン) の商品がありましたが・・・
上記のリンクのほか、どこもかしこも 「売り切れ」(在庫なし) ではありませんか!!

東日本大震災直後は、飛ぶように売れたと思いますが・・・
風化しつつある(?)昨今では、メーカーの方もあまり力を注いでないような気がします。

また、ロゴス・ジャパンでは以前にはこんな商品もあったようです。


P140901_11.jpg
LOGOS ペット防災セット(LPLL-0027)
品番 88000500  定価 28,350円

株式会社ロゴスコーポレーション
↑こちらで、商品のプレリリース時(2006年8月2日)の商品説明等が御覧になれます。

至れり尽くせり?の豪華なセット、お値段も豪華(笑
まあ、ここまで揃えなくても、いいかもしれませんが・・・ 

色々なwebサイトを見ても意外と忘れられている物がありました。
それが、こちら↓



P140901_12.jpg
犬用の靴(シューズ/ブーツ)なんです。
(画像はメーカーの商品ページより)

広島での土砂災害で、現在も救難救助犬が活躍しているのですが・・・
大量の土砂とガレキの上を歩く際、多くの犬が足を怪我し血を流している映像を見ました。
(東日本大震災の時も同様)

救難救助犬たちは理由があって「素足」で活動しているのか?素人には、全く見当がつきませんが・・・

災害現場では、かなり重要なものではないか?と考えます。
私たち人間は、災害に備えて枕元に「底の厚い靴」も用意している方もいるかもしれませんが・・・
特に、抱っこできないような大型犬の飼い主さんは、「犬用の靴」も必要ではないか?と思います。



P140901_13.jpg
こちらは、我が家の犬たち用の靴。 (幼児用の靴下も一緒にあります。)

まあ実際には、靴を履きなれていないと・・・履かせた際、非常にぎこちない歩き方
(場合によっては固まってしまう事もアリ)になっちゃうんですけどね・・・(笑

しかし、ガラス等の鋭利なガレキの上を歩かなければならない時は履かせてあげたいものです。

・・・

まとまりなく、長々とかきましたが・・・
地震等の災害だけではなく、外出時(犬たちがお留守番をしている時)に
自身の家も含め隣家が火災など起こしたら・・・そんな危険の可能性も否定はできません。

なので、上で紹介した「非常(緊急)時用ペットレスキュー」の
ステッカーや看板等の重要性を改めて感じました。

こういった品物の他にも地域の避難場所を確認などしておくことや
家族(親族等)と非常時の際について話合っておく必要もありますね。



P140901_14.jpg
こちらは、いつもの公園ですが・・・
我が家の地域の「広域避難場所」にしていされています。

我が家の場合、大きな津波が襲来したら・・・ 海抜の低いこの場所もきっと被害にあうと思うけど...

色々な想定と対策などしたうえで死んでしまったら、それは仕方のない事かもしれないが
何も対策してなくて死んでしまったら、きっと悔やむような気がする。(あくまでも、自分の場合)



P140901_15.jpg

P140901_16.jpg

この可愛い犬たちを守れるのは、自分達しかいないわけで・・・
何があっても、犬たちより先に逝く事は絶対に許されない。 そう思っている。

いつまでも、平穏に過せることを切に願いたいです。



いつもより、かなり長くなりましたが・・・
今回も最後までお読み下さりどうもありがとうございました。
では、またね。

にほんブログ村 犬ブログへ  にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ  にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ
コメント
この記事へのコメント
れお君その後いかがですか?ひまし油とは初耳です 私も調べてみます 私はいぼにもデトックスにもと思いご飯にハトムギを入れています。

我が国は本当に動物にたいして遅れていますね 本当に悔やまれます。売るだけ売って法律では物扱い。躾教室も高すぎる。もっと飼い主さんの意識が向上出来る様にいろいろチープな値段でやっていかないといけないです。命が売っているのですから医療もそうですし、もっと守る事にも力を入れるのが当たり前だと思うのですが・・どうしたら変えていけるのでしょうかね そういう団体がいらしたら参加したい位です(笑)

人間の非常袋より犬の非常袋のが多いです^^定期的に点検をして食べ物、薬、水などを入れ替え玄関に置いてあります 赤ちゃん用の靴下も絶対何かに使えると買ってますi-184
2014/09/02(火) 13:21 | URL | もあまま #-[ 編集]
レスが遅くなりましてすみません。

レオへのご心配ありがとうございます。 ひまし油は以前にマブタ付近に小さな脂肪腫ができた時に色々と調べ
ひまし油の様々な効能を知り、試したところ綺麗に消えたんですよ。(笑)
もあままさんのコメントで、その時に一緒に使っていたハトムギの事を思い出しました! ありがとうございます。

ホリスティックとかホメオパシーについては、全然わからないことだらけですが・・・
今回のイボはちょっと大きめな感じなので、「ヒルトンハーブ バイレックスクリーム」も検討しています。


動物愛護法の改正など徐々に変わりつつありますが・・・ 現状ではマダマダな部分が多いですね。
先日、埼玉で発生しました「盲導犬を傷付ける事件」におきましても、犯人に対し
罪状は「動物愛護法違反」もしくは「器物破損」ですからね...

以前の記事にも書きましたが、それぞれの飼い主さんの意識の差が大きく
お金を注ぎ込んででも、「愛犬との繋がり」を構築しようと努力し勉強をする方もおりますが
一方、ネグレクトや虐待同様の飼い方をしていても、何とも感じない飼い主もいます。

犬を変に擬人化して「犬を犬として扱わない(見ない)」で、飼い主自身が問題行動を起こす犬を作り上げてしまい
挙句の果てには、放棄... 老犬になったから放棄、狂犬病やフィラリア予防、ワクチン接種など
最低限の医療にも掛けないで飼う人、等々 挙げたらキリが無いくらい酷い飼い主がたくさんいます...

野良犬などほとんどいない現在でも、散歩中に「放置したままの糞」もよく見かけます。
そういった基本的なルールやマナーを守れない人間に、本当に憤りを感じます。

人権ならぬ「犬権」を認めてもらうには、こういった小さな事から改善していかなければ
ならないのではないかと、痛切に思います。
それをどう啓発・啓蒙すればよいのか本当に悩みどころですね。
(なんだか、愚痴っぽくなってしまい申し訳ない・・・)

そういった為にも、ささやかな努力ですが・・・
我が家と犬達で模範的になれるような犬との暮らしをしていかなければならないと考えています。
(まだ全然なれていないかもしれませんが・・・(汗))

非常用の備品をあれこれと色々考えると、ホント持ち物が多くなってしまいますね(笑
非常用用品を使うことが無い事を祈るしかないです。

長々と失礼いたしました。
2014/09/04(木) 19:54 | URL | レオタンタン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dekawan5life.blog.fc2.com/tb.php/190-f3849559
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック