難しいけど面白い

ここでは、「難しいけど面白い」 に関する記事を紹介しています。
どうも、こんにちは。

一昔前(二昔前かな?)に比べて、写真が身近で気軽に撮れるようになった気がします。
フィルム式カメラも、使い捨てカメラなんて呼ばれた「レンズ付きフイルム」の登場によって
お手軽にはなったが、現像・プリントの代金が必要でした。

後に、アドバンストフォトシステム(APS)と言う新しい規格の写真も登場し、使用もしたが・・・
デジタルカメラや家庭用カラープリンタの急激な性能向上により、APSは終焉を迎えた。

ほんのつい最近の事なのだが、何だかとても懐かしい気がします。

レオを迎えた2008年からはデジカメ(携帯電話も含む)のみの使用で
実際にプリントしたのは、撮った枚数の10パーセントにも満たないと思う。


さて、思い出話はこれくらいにしておき・・・
一段と、身近・手軽・気軽になった写真(カメラ)ですが、あいかわらずヘタだ。(悲


P140518_1.jpg
今日の夜の散歩で撮った画像。
今回もトリミングや補正なしで、縮小のみの画像です。

デジカメの利点として、撮った写真をその場で確認できるのは助かる。
この画像を確認して、撮り直してみると・・・



P140518_2.jpg
おおっ~ 明るいじゃないか。(笑

肉眼で見るよりも、かなり明るく写ってる。
最初の1枚目が実際の明るさ(暗さ)に近いです。



P140518_3.jpg
今度は、レオの顔がブレてしまった・・・

画像の奥(後ろ)にある白い建物が、やけに明るいのは
カメラの後ろ側、遠くからゴルフ練習場の照明が当たっているため。
かなり離れているのだが、直視できないくらい眩しい。



P140518_4.jpg
犬達の表情も含め、まあまあかな?
全体的な色合いが、HDR(ハイダイナミックレンジ)合成のような気もしますが・・・

似た様な画像が続き、失礼いたしました。

カメラの性能の高さに加え、その時々に合わせた設定も大事なのと
カメラアングルやその他、色々と良くないと美しい写真を撮る事ができない。

ああ、なんか奥が深いなあ~ なんて思いながら帰る途中、低い位置に月が出ている事に気付く。



P140518_5.jpg
あらら・・・
画像のちょうど中心辺りに月が写っているのですが、わかりにくいですね。

もう少し、アップで撮ってみると



P140518_6.jpg
こんな感じ・・・
駐車場の照明灯が明るく写り過ぎました。

肉眼で見ると、月がすごく大きく見えるのですが
写してみると、ちょっと(全然?)違う。 なんでだろうか?不思議だな。

あと、ブログを書いている時に気付いたのですが
写真のテクニックとして、「構図」は非常に大切ですね。

どうしても、写したい物を真ん中に持って来る、所謂「日の丸構図」って言われる画像が
多かった事に気付きました。(トリミング等でごまかす(アレンジ)する事も可能ですけど)
今度からは、そういった点などに気を配って写真を撮ろうと思います。

先日カメラを買い替えてから、以前よりも更に「写真は難しいけど面白い」と思うようになりました。
でも、写真も大事だけど・・・もう少し文章力も磨かないといけませんね。(汗


今回も最後までお読み下さりどうもありがとうございました。
では、またね。

にほんブログ村 犬ブログへ  にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ  にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dekawan5life.blog.fc2.com/tb.php/166-ca70a509
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック