びっくりしたなぁ、もう~

ここでは、「びっくりしたなぁ、もう~」 に関する記事を紹介しています。
どうも、こんにちは。

比較的穏やかな日が続いていましたが、きょうは時々に
暴風雨になったりして、気温も一気に下がった感じがします。


さてさて、我が家は「明るく」「楽しく」をモットーに犬達との暮らしを過ごすように
心掛けていますが...当然、生きていりゃ~嫌な事や、辛い事、ムカつく事も沢山あります。

当ブログでは、なるべく愚痴や不満や怒りなどは、言わない(書かない)ようにと
思っていましたが、今回は小言を少々述べさせて下さい。


CIMG131210_1.jpg
ポカポカ陽気の先週末、久々に川(用水路)沿いの散歩コースに行きました。
以前、パチンコ屋さんがあったのですが、久しぶりに来てみたら建物も看板も
なくなっていて、広々とした更地になってました。

それも、ちょっとビックリした事なのですが・・・
(その時の様子は、次回に書きたいと思います)



CIMG131210_2.jpg
題名の「びっくりしたなぁ、もう~」と聞いて連想するのが、コレ。
(古すぎる...)

なかなか本題に進まず、すみません。


では、本題。

以前にも当ブログの記事内で書いた事がありますが・・・
自称「愛犬家」や、自称「犬好き」の方々、「おとなしそう」「かわいい」「犬が好き」等々の理由で

よその知らない犬を勝手に触ったり、かまったりしていませんか?

以前にも張りましたが・・・

(クリックすると大きくなります)

CIMG121028_2.jpg
(illustrated by lili.chin)

どうして?また、こういう事を書いているかと言うと・・・
散歩中に、図にあるような失礼な人に度々遭遇するからなんです。

人間同士に礼儀があるように、犬に対しても礼儀はあります。
また、犬にも感情があります。


犬とすれ違いざまに、いきなり顔の前に手を差し出したり
犬を見て、口笛吹いたり舌打ちして犬の気を引こうとする人とは?
一体、何を考えているのでしょうか?
いきなりそんな事されて、思わず出た言葉が今回のタイトル
「びっくりしたなぁ、もう~」なんです。


そういった事はホントやめていただきたい。


だけれども、犬が好きな人の気持ちを、わからなくもありません。



CIMG131210_3.jpg
こんな風にしてみたかったり・・・

更には...



CIMG131210_4.jpg
こんな事してみたい気持ち...よ~くわかります。

でもね、こういった事が出来るのは「お互いに心を許し合っている仲」だからなんです。
そうじゃない場合、一体どうなるか?
次の2つの動画で確認下さい。


you tube:Untamed and Uncut: Attack Dog Bites Reporter




youtube:Kyle Dyer gets bit by dog live



どちらも結構有名な動画ですが・・・

両者の犬とも、嫌だなあ~、不快だなあ~ ってサイン(カーミングシグナル)が
よ~~く出ていますが、おわかりでしょうか?
それにもかかわらず、更に犬にとって不快・恐怖の行動を続けた結果です。

全ての犬がこうなるとは言いませんが、こういう事もあると知って下さい。
噛まれた本人が、噛まれてもおかしくない行動をとったのも悪いのですが・・・
それ(犬の出すサインと相手の良くない動作)に気付かないハンドラー(飼い主)は
もっと悪いと私は思います。


では、なぜ?こうなったか・・・
非常にわかりやすく説明している短編動画がこちら。


youtube:Dog Bite Prevention PSA I drsophiayin.com




「犬好き」ならば、犬に対して敬意を払い(礼をもって接し)ましょう。
犬にとって、自己防衛(正当防衛)であっても攻撃したら犬が悪くなってしまいます。
また、犬を加害者(被害者)にしないようにするのも、飼い主の大事な責任だと思っています。



CIMG131210_5.jpg
僕たちからも、おねがいします。

普段、犬達に無礼(失礼)な接し方をする人には、それとなく、やんわりと説明しているのですが
大半の方は、「はぁ~?」ってな感じなのが残念に思います。

時には、「あ、大丈夫!大丈夫!」なんて言う方もおりますが・・・
噛まれても同じ事が言えるのかな?
(我が家の犬達は噛んだりはしませんが...)

こういう事を言う(書く)と、「チェッ!ケチくせー事言うなあ」なんて思う方もいるかもしれません。
また、「そんなに大事なら、オモテに出すな!」なんて言われるかもしれません。
もしも、そう思う方がいましたら・・・

他人の連れている知らない犬を見つけても、絡まずに知らん顔してください。
お互いに嫌な思いをせずにすみますから。


今回は、少し生意気な事を書きましたが・・・
昨今、大人も子供も、犬への接し方を知らない人達が多い気がします。

自分が子供の頃(大昔ですが...)は、野犬や野良犬、放し飼いの犬などが多くいました。
小学校の体育の時間等にグラウンドに野良犬が侵入してくる事も多々ありました。
でも、ほとんどの子が「目を合わせたらダメ」とか「走って逃げると追いかけられる」等々
知っていました。(少なくとも自分の周りでは)

現在は、危険な野犬等はほとんどいなくなり、ペットブームに伴い犬を飼う家庭が多くなりました。
なのに、正しい犬の接し方を知っている(実践している)人は、減った気がします。
我が家の犬達をドッグランに連れて行きたくないのも、そういった背景が要因してもいます。



CIMG131210_6.jpg
人も犬も「仲良く」「楽しく」過したいね!

犬も飼い主も、犬を飼っていない人も、みんなが「明るく」「楽しく」「元気よく」過ごせる
素敵な世の中になってほしいです。

長々と色々書きましたが、全ての者が快適に暮らせる社会でありますように。


今回も最後までお読み下さりどうもありがとうございました。

では、またね。

にほんブログ村 犬ブログへ  にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ  にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ
コメント
この記事へのコメント
分かります。
目を見つめちゃだめ。とか、走って逃げるな。とか、普通のことでしたが、そういえば、やっている人が多いですね。
子供達には、走ると余計に追いかけたくなるから走っちゃダメだよ。と機会があると注意していましたが、今は大の大人も知らないんですね(~_~;)
只今冬季閉鎖に入ったドッグランは去年出来たばかりなので、まだ飼い主側にも緊張(問題があったら閉鎖か?)がありますし、触っていいか聞く飼い主さんが殆どです(中にはやっぱり褒められない飼い主さんもいますけど)皆が注意しあっているので、このドッグランはマシという声が聞こえ、他のランはどうなのかと不安です。
目指せ!大阪のおばちゃん(苦笑)
2013/12/14(土) 21:20 | URL | こま姉(エリー姉) #-[ 編集]
犬を飼う御家庭も増え、犬と接する機会も多くなっていると思うのですが
犬を犬として見て、扱い、接する事がわからない人が多く感じます。
子供に対し大人(親)が悪いお手本になっちゃってる事も多々あり・・・

ドッグランも利用者の皆が、同レベルで同意識であれば
犬同士または人間同士の争いや揉め事など、なくなると思います。
こま姉(エリー姉)さんの行くランは、皆の意識も高くて、とても良い雰囲気ですね。


2013/12/15(日) 01:41 | URL | レオタンタン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dekawan5life.blog.fc2.com/tb.php/124-a1533b15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック