その他

ここでは、「その他」 に関する記事を紹介しています。
■フリースペース
 こちらのスペースには、お知らせ等の固定記事になります。

  ※現在こちらのスペースでお知らせする記事はありません。※

どうも、こんにちは。

前回の記事から随分と長く間が空き、久々の更新になりました。(>_<)
月日が経つのは早いもので、もう12月。
季節も冬らしさを増し、各所で鮮やかなイルミネーションが灯されて年末を感じます。


前回、短期間の入院から帰還の御報告をさせていただきましたが
その3日後、悪寒と共に、熱発と嘔吐、そして患部の激しい痛みに襲われ
再度、緊急(救急)入院をしてしまいました。

原因は、膵嚢胞の炎症。
急遽、「超音波内視鏡下膵仮性嚢胞ドレナージ術」の処置となり
チューブを膵嚢胞に入れ、鼻から体外に嚢胞内の液体を排出させる事となりました。

処置後、液体は排出されず・・・シリンジで引いても吸取れないので
翌日に再度処置となり、もっと太いチューブに差し替えました。

そして、嚢胞内の液体を体外に出す事に成功。
チューブは約3週間入れたまま、その間の約一週間ちょっとは点滴のみの絶食・絶飲で
正確には計っていませんが、体重はたぶん20kgくらい減ったと思われます。


(事細かに、病状と処置方法等を、長々と書き、すみません。)


そんな訳で、肉体的にも精神的にも、非常に辛かった入院でしたが・・・
早期退院を切望し、願いは通じたのですが・・・入院期間中、ほとんど寝たきりの状態だった為に
退院後は、起立性低血圧になり、めまいと吐き気でフラフラのクラクラでした。

おおまかですが、それが昨日までの事。


で、全ての根源であった嚢胞は、当初6cm×6cm(ちょうど握り拳と同じくらいの大きさ)でしたが
現在は、2cm×3cmくらいの大きさまで縮小しました。

その為、今まで体内に入っていた2本のステント(チューブ)は、全抜去となり
完治と言う訳ではありませんが、精神的には非常に楽になりました。

このまま経過を診て行く事となりましたが、今度こそは ”大丈夫!” と、
なる事を、切に願っている次第であります。


こんな入院期間中、必死で支えてくれた、ウチのママさん(奥さん)には本当に感謝しています。
そして、犬たちには寂しい思いをさせてしまい、すごく反省しています。


・・・


まだ体力が完全に回復はしていませんが・・・
そんな状態でも、昨日からいつも通りの生活を送り、家族そろって「普段通り」に過ごしています。

と、言う事で・・・ 今夜のお散歩の様子です。




あいかわらずの、”いつも通り” な画像です。









ホント、いつもと変わらない画像なんですけれど・・・
以前にも言ったかもしれませんが
こうして、普通に過せる事はとても幸せな事だと、痛烈に感じます。




ちょっとブレた画像ですが・・・ タンタン本当に良い笑顔でした。




いっぱい運動して、 ”いつも通り” の休憩です。




レオも、とっても良い笑顔でした。




真面目な表情になってしまいましたが・・・
いつもと変わりない生活に戻り、安心した様な様子でした。


久々の更新で、長々とした記事になりましたが
「今度こそ」いつもと変わらない、”普通の生活” が送れそうです。

と、言うか・・・ そうであって欲しいと心から願い、思いました。

普段、何気ない普通の事「当たり前の事」が、凄く幸せな事だと思える事が嬉しく
毎日を大切に過して行かなければならないと、再認識いたしました。


今回は、あまりにもハードな入院期間だったので、まだまだ本調子ではなく
久々のPC画面にもまだ慣れずに、記事の内容など色々と
メチャクチャかもしれませんが...どうぞ、お許し下さい。

とりあえずではありますが、今度こそ
無事に帰還いたしました事を、ご報告申し上げます。
どうもありがとうございました。


今回も最後までお読み下さりどうもありがとうございました。
では、またね。

にほんブログ村 犬ブログへ  にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ  にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ
どうも、こんにちは。

ゆる~い感じな当ブログ。(笑)
始めてから早、3年ちょっとになっていました。

で、 今回、ブログを始めてから初めて(笑)、予約投稿と言うものに挑戦。
果たして、きちんと投稿できているかな?


なんで?予約投稿をしたのかと言うと・・・
いつも当ブログを御覧になって下さる方は、既にご存知かもしれませんが
ついに、と言うか・・・やっと、アレですよ。あれ(笑)

そう!胆管に入っているステント(管というかチューブ)の入れ替えと
膵嚢胞に管を刺して、嚢胞の縮小を試みる処置の時がやってきました。(-_-;)




少々古い、過去の画像ですが・・・(笑)

たぶん、この記事がupされる頃は、犬たちもこんな感じではなかろうか?
そんな気持ちで、この画像をチョイスしました。

処置そのものは、通常、約一時間程度で終わる(予定)ですが・・・
あいにくと言うか、残念ながら入院処置になる。

実は、この記事書きながら、すご~くガックリしています。(涙)
身体を治さなければ、良くないと解かってはいるのですが・・・
悪い部分の痛みや、苦しみ、処置の辛さよりも

とにかく、何より・・・犬たちと離れる事が、とてもツラいです。




これまた、前回の記事に使おうと思っていた画像ですけど・・・(笑)

でも、辛いのは自分だけではなく・・・

犬たちもきっと、寂しい思いをしているだろうし
ママさんの負担も相当だろう。

すき好んで、自ら病を抱えた訳ではないのだが、本当に悔しく
とても申し訳ない気持ちでいっぱいです。

何だか、愚痴の様な泣き言を並べてしまい、すみません。

予定では、何も問題が起きなければ、前回の様に入院が長くなる事は無いと思うけど
五日から一週間くらいの入院となります。





寂しい思いをさせて、ごめんね。


恥ずかしながら・・・ 今時、まだガラケーだし(笑)タブレットやノートPCなんて持ってないので
ブログの更新が出来ないから、こうして予約投稿をしてみたのだけど・・・

家族みんなで頑張っています。(たぶん(笑))


一日でも早く良くなって(治って)、またいつものような
平凡にのんびりと、「明るく」「仲良く」「元気よく」 な楽しい毎日を送れる様、努力したいと思います。

一応ではありますが、ご報告と言う事で書いてみました。
自分は大丈夫ですが・・・ もしよろしければ、ウチのママさんに励ましのメール(メッセージ)など
お送り下されば、励みになると思いますのでよろしくおねがいします。

あ、でも・・・返信など出来ないかもしれませんけど...(-_-;)


では、またお会いしましょう! (^^♪


今回も最後までお読み下さりどうもありがとうございました。
では、またね。

にほんブログ村 犬ブログへ  にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ  にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ
どうも、こんにちは。

前回の記事から随分と期間が空いてしまいました。(^_^;)
先週は、大型連休があったりして・・・
皆様、各自色々と「秋」を満喫されましたでしょうか?

一応、我が家の犬たちが主役な当ブログですが、ブログを更新していなかった期間
個人的に色々あって、何をどう書けば良いのか整理が付かない状態でありますが
御報告と言うか、約二週間の間に自分に起きた事を書き綴ってみたいと思います。


※今回は文字ばかりの長文になるかもしれませんが、最後までお読みくださると嬉しいです
  どうぞ、飽きずに(笑)お付き合い下さいませ。


単刀直入ですが、実は本日まで入院をしていました。当然 ?! 犬たちではなく
レオタンタン(別名・モラタク)こと、自分自身の事です。

前回の記事で、「何があっても命がけで君たちを守るから、何も心配しなくていいよ。」
なんて大見得な啖呵を切っておきながら、非常に情けなく悔しかった日々でした。

元々、あまり丈夫な身体ではない自分ですが、7月の末頃から何となく体調が優れずにいました。
定期的に通院はしていましたが、特に異常は見られず
以前から続いている「胃痛」が酷くなっているような感じで、8月末頃はとても辛くて
食事も摂れず、無理して食べれば「激しい胃痛」や嘔吐・下痢の、今に思えばかなりひどい状態でした。


9月の第一週(5日・6日)の小松のドッグショーは、何としてでも行きたかったので
かなり気合と根性を入れて行きました。(←ただのアホですね...(笑))

既にその時、尿の色は異常に濃く、便も白っぽく、微かに黄疸も出ていました。
痛み止めを飲めば楽になるし、胃薬等の服用(乱服)のせいだろうと、勝手に自身で決め付けていました。


ウチのママさん(奥さん)は、早くから異常に気付いていて、「病院へ行こうよ」と何度も
心配してくれたのに、大丈夫・大丈夫!という事を聞かなかった事を
今更ながら、すごく反省しています。


・・・

で、結局・・・病院へ行ったのが9月の10日。
自分では、「何かちょっと顔が色悪いなあ」くらいにしか思わなかっただが
いつも会う看護師さんもひと目見て、「どうしたの?」と驚く程に、痩せコケて黄疸症状も酷かったようだ。

内科で受診して、尿と血液の検査、エコー診断で
「胆石」と診断され、膵臓(すい臓)に嚢胞(のうほう)があるので、次週(17日)に造影CTをしましょう
と、言われてその日は帰宅...(この日に即入院するべきだったと他の医師から後日聞かされる)


・・・




文章ばかり長くなったので、本日の犬たちの画像。
約、2週間ぶりの家族全員そろってのお散歩。



で、検査予定の前日(16日)に他の診療科に予約が有ったので、再度病院へ行くと・・・
その違う科の医師が、顔を見るなり「今日は帰す訳にはいきません!」即入院して下さいと告げられる。

心の準備などしていなかったし、入院はしたくなかったので
「明日、造影CTの予約があるから、明日来ます」と言ってはみたものの・・・却下!
検査を待たずして、入院となってしまいました。


その時点での診断(病名)が、黄疸症・急性胆のう炎・胆管炎。
絶食・絶水、補液(点滴)、抗生剤の点滴となる。

翌日(17日)、予定通り(笑)造影CTを撮るが、詳細な部分まで写らず
結局はその時点でわかる事と言えば、「胆石症」と「総胆管の拡張」「閉塞性黄疸」
その原因が、単純に胆石が詰まっているのか?膵臓の嚢胞(腫瘍)が胆管を押しつぶしているのか?
よく解からず、ココでの検査はこれが限界という事で、国立病院へ転院となる。


そして、翌日(18日)に入院道具一式を持って、国立医療センターへ転院。
消化器内科に入院となる。検査データ等は解かっているので
当日の午後に、「内視鏡的逆行性胆管膵管造影」(ERCP)と言う検査・処置を行う事になる。

結果、EBDと言う内視鏡を用いて、総胆管と膵管にチューブを入れて
詰まっていた胆汁を十二指腸へ排出する事となった。
最初に考えられた、胆石の詰まりは無く・・・


約6センチとなった、嚢胞が胆管を押しつぶしていた。
胃もかなり荒れていて、更には、膵臓が非常に弱っている状態だった事も解かった。


チューブを入れて溜まっていた胆汁を排出することによって、黄疸の軽減と
嚢胞の縮小を期待したが・・・ 黄疸は軽減されたものの嚢胞は変化無し...
(嚢胞の組織も少量ではあるが取り出し、病理検査もするが、結果はまだ先になる)

ちなみに、腫瘍マーカーの数値
CEA:(上限値5以下)に対し、結果は2.3
CA19-9:(上限値37以下)に対し、結果は38.3 
でした。


消化器内科の担当医師から、「慢性膵炎」と診断が告げられた。
どうやら、「酒」の飲み過ぎが原因との事...

今後、「飲酒は厳禁!」と強く言われてしまいました。


・・・


非常に問題なのが、嚢胞(腫瘍)。
もし、万が一、悪性の腫瘍であった場合は即、手術を施さなければならいし
良性であった場合でも、食生活等の改善で小さくなれば良いが、大きさに変化が見られない場合
再度、胆管を圧迫するので、定期的(約3ヶ月に一度の割合くらい)で今回の様に
チューブを入れなければならないという事。

で、退院となった訳だが・・・問題である嚢胞の状態が詳しく解からず...
これについては、県のがんセンターで、内視鏡超音波検査を受ける事になっています。
(実は、これの初診(問診・検診)が明日(29日)で...)

その検査を受け、結果次第で今後の治療方針が決まることになっています。


・・・


今日現在、退院したばかりで、約二週間ほぼ寝たきり状態だった事もあり
体力は、かなり衰えていますが、体調そのものは非常に調子が良いです。

今後の検査予定や結果については、また、その都度ご報告いたしますが
来月に予定されている、運動会には元気な姿で皆さんにお会いできるように
頑張りたいと思います。




そして、何より・・・
犬たちの為にも、そして奥さんの為にも・・・
これ以上病状を悪化させないように努めていきたいと思っております。


何だかとても、湿っぽい内容で長々となりましたが、最後まで読んでいただき
どうもありがとうございます。



今回も最後までお読み下さりどうもありがとうございました。
では、またね。

にほんブログ村 犬ブログへ  にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ  にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ
どうも、こんにちは。

先週末まで、随分と雨が降りました。
各地で甚大な被害が起きたのはニュース等でご存知かと思います。

自衛隊をはじめ、警察・消防等の救助及び救援隊の方々が必死の活動を行い
その様子がTVで中継もされていました。
(個人的に"報道のヘリが多過ぎ"なんじゃないの? なんて思いましたが...)

犬を飼っている者として、やはり気になってしまうのが「犬も一緒に救助されている」事。
(当然、人命救助が第一優先でありますが)
世の流れとして、「ペット=(イコール) 家族」と言う認識が高まって(強まって)いると感じました。

一緒に救助できなかったり、流されてしまったペットも
飼い主以外の人々により助けられ、ツイッターやフェイスブック等のSNSを利用し
その情報で、無事に飼い主と再会出来たペットもいたようです。

被害に遭われた方々が、一日でも早く安心して元の生活を送れますように。


・・・


さて、「マンネリなんかは、なんのその~♪」な我が家ですが...(笑)




いつもと変わらず、似た様な画像...
今夜は、”秋” を感じる涼しい(肌寒い)お散歩。

気持ち良さそうに、爆走&ワンプロで(笑)いつもより多く遊びました。


で、題名の「またしても起きた...」なのですが
何の事かと言うと・・・

警察官が人襲った体長120センチ「紀州犬」に13発発砲し射殺
住民「テレビ番組かと…」 千葉・松戸

Yahooニュース:産経新聞より以下引用

 14日午前2時ごろ、千葉県松戸市日暮の路上で、同市に住むアルバイトの女性(23)が犬にかまれたとする110番通報が、一緒にいた友人の女性からあった。約30分後には同市稔台の路上で、同市に住む飼い主の男性(71)も襲われてかまれ、一緒に犬を捜索していた県警松戸署地域課の男性署員3人が拳銃計13発を発砲し犬を射殺した。かまれた2人はそれぞれ左腕に軽傷。日暮では13日夜に10代後半の男性も犬に右腕をかまれて軽傷を負っており、同署は同じ犬にかまれたとみて調べている。

 同署によると、署員らは犬を見つけた際、制止を試みたが襲いかかってきたため発砲した。犬がひるまずなおも襲おうとしたため撃ち続けると、犬は13発目で倒れたという。同署は「拳銃の使用は妥当で適切だった」としている。

 同署と飼い主の男性によると、犬は「ミリオン」という名前の7歳の雄の紀州犬で、体長約120センチ、体重約21キロ。13日夜に犬に襲われた男性の家族から、「近所に似た犬を飼っている家がある」と聞いた署員が男性方を訪ねたところ、いなくなっていることが分かった。

 犬は普段から家族にかみつくなどしており、物置の中で飼われていたが、13日は首輪とリードで住宅の敷地内につながれていた。敷地内に首輪が残されていたことから、抜いて逃げたとみられる。

 署員は飼い主の男性とともに犬を捜索し、女性が被害に遭った現場の近くで犬を発見。男性がおとりになって、手ぬぐいを巻いた左腕にかみつかせて捕獲を試みたが、左腕の別の場所をかまれて失敗。男性が犬から離れたあと、署員が男性に許可を取り発砲したという。

 犬が射殺された現場は新京成みのり台駅から東に約400メートルの閑静な住宅街。発砲現場の松戸市稔台では14日午後まで発射された弾丸の捜索が行われ、警察官が側溝をライトで照らし、のぞき込んで探していた。コンクリート塀には弾が当たって白くえぐられた跡が残り、警察官が2カ所の弾痕の間隔を物差しで測っていた。

 すぐ脇に住む女性は「たまたま目が覚めてテレビを見ていた。バンバンという音が10回ほど連続して聞こえた。一瞬テレビ番組の音声かと思ったが、すぐに外から聞こえたと分かった。不安を感じたので外には出なかった」。近くに住む40代の主婦も「外が騒がしいので目が覚めた。けんかだと思った。拳銃の発射音など聞いたことがなかったからタイヤのパンクと思った」と話した。

 稔台第1町会会長の中村敬一さん(68)は「生活道路の交通事故には気をつけていたが、予想もしない事件に驚いている。深夜でも人通りはあり、流れ弾の被害がなくて良かった」と話す。

 現場周辺は、昭和30、40年代から開発がすすんだ一角。一戸建て住宅が多く、マンションは少ない。犬を飼う家もあるが小・中型ばかりで、中村さんは「大型犬を見たことはなかった」という。




以下、個人的な感想。
また咬傷事故か ?! と、思ったところ、なんと!犬を銃殺...
アメリカなどでは、ピットブルやロットワイラーが警官に銃殺されたなんて事は
何度も見聞きしたことがあるけど・・・

まさか、日本でこんなことが起きるとは...しかも千葉県。
ネットで昔、松戸市の事を「マッド・シティー(マツド・シティー)」なんて揶揄されたりしたものですが・・・
こりゃ、シャレじゃなくなっちゃう。

状況からしても、仕方なかったかもしれないが、咬まれて怪我をした方には申し訳ないかもしれないけど
一番の被害者は「犬」じゃないかと(それと同時に加害者でもあるが)...
そして、全ての責任は「その犬の飼い主!」

記事中には
> 犬は普段から家族にかみつくなどしており、物置の中で飼われていたが、
> 13日は首輪とリードで住宅の敷地内につながれていた。
> 敷地内に首輪が残されていたことから、抜いて逃げたとみられる。


これを読む限り、普段物置に閉じ込めっぱなしで散歩なんか一切行ってなかったと想像をしてしまう。
どうして、何で、そんな風に育ててしまったんだろう?
一般的に「紀州犬」と言えば、和犬で狩猟犬、このようなプリミティドッグの場合
しつけをはじめ、飼育は難しい犬種だとは思うけど...

犬の気持ちにしてみれば、初めて手に入れた自由も、つかの間・・・銃で撃たれ死んだ。
人を襲ってしまったのも事実だが、非常に残念な気持ちだ。

※怪我を負われた方には、お見舞い申し上げます。
  襲われた方や対応された警察官、その他関係者を
  揶揄や非難する意図は、ありません。 ご了承下さい。


・・・


まだまだ、沢山思う事や言いたい事はあるけど・・・
長々と個人的意見を述べてしまい、失礼いたしました。




当ブログ内で何度も書いていることだが・・・
「自分の犬を”被害者”にも”加害者”にも絶対にさせたくない」

今回の様な事故(事件)が起こる度に、いつも思う事。




なぜなら、犬はかけがえのない家族の一員だから。

ウチの犬たちも含め、自分自身、至らぬところも多々あり完璧ではないかもしれないが
犬たちから全幅の信頼を寄せられている”飼い主”として、身の引き締まる思いです。









レオ、タンタン、 何があっても命がけで君たちを守るから、何も心配しなくていいよ。
そんな思いが伝わってこそ、犬との信頼関係が築けると思っています。

明るく・楽しく・元気よく そんなブログのつもりなのですが
今回は、ちょっとばかり真面目(個人的意見が大半)な記事になってしまいました。

最後に一言。
全ての飼い主と犬が皆、幸せでありますように!


今回も最後までお読み下さりどうもありがとうございました。
では、またね。

にほんブログ村 犬ブログへ  にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ  にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ
どうも、こんにちは。

先週のドッグショー前日、エアコンから水が漏れ落ちている事に気付きました。(>_<)
以前にもエアコンからの水漏れがあったのですが、その時は屋外のドレンパイプが詰まっていたようで
詰まりを治したら、問題無く普通に使えておりました。

今回も同じだろうと思い、前回直した時と同様にドレンパイプに手動の灯油ポンプを差し込んで
シュポシュポとやってみたものの・・・何も出てこない。(-_-;)




これが、そのエアコン。(リビングに設置してあり、結構パワフル(笑))
カバーを開けて、原因を調べてみるが...漏れの原因は不明。

このエアコン、約15年前に製造された年季物。
そこで、思い切って買い替えすることにした!

それが一週間前の事。

そして今日、業者さんが取付にきてくれました。




これが、新しいエアコン!
前の機種と同じく、ダイキン製です。

セレブな我が家は、こんな時...
「ジャパネットたかた」で、金利・手数料 無料!の分割払いでドーン!!っと買いました。(笑)

10年以上前の製品と比べるのも変ですが・・・
今時の製品って、色々な機能が付いてハイテクで便利ですね。

早速、試運転をしてみると・・・




リビングのソファーで、気持ち良さそうに寝るレオ。(笑)

一方、タンタンは?と、言うと・・・




寝室のベッドで寝ていました。(笑)
(画像ではパッチリと目が覚めていますが・・・)

こっちの部屋(寝室)も涼しくしてありますが、タンタン、やっぱりベッドがお気に入り。

・・・

そして、これまた一週間前のドッグショーで注文していた物が届きました!




それが、コレ。 マイナス18度の冷凍便で配達されてきました。
前々回の記事で書いた、京都の鹿肉。




中身は、こんな感じです。
本来はセット商品のところ、無理なお願いを快く受け入れてくれまして・・・
1パック100g のミンチが、全部で12個あり 合計1.2kg の冷凍鹿肉ミンチです。

説明書によると、「鍋に湯を入れてパックごと5~10分間加熱して与えて下さい。」との事。

作って食べさせる時に、また記事にしてみようと思っています。
食べる量が多いとお腹が緩くなる事もあるようですが、ウチの犬たちは試食時に
結構な量を食べましたが、お腹が緩くなる事無く、大丈夫でした。(笑)

・・・








先程の画像とあまり変わりませんが・・・
最後の画像は犬たちの寝姿と、お見せするのが恥ずかしいくらい散らかった、お布団の画像です。(笑)


約5年前の同等製品に比べ、およそ33パーセントの節電となった と、書いてあった新しいエアコン。
節電効果を期待しつつ・・・今日も寒いくらいにガンガン稼働させるのであった(笑)


今回も最後までお読み下さりどうもありがとうございました。
では、またね。

にほんブログ村 犬ブログへ  にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ  にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ
どうも、こんにちは。

珍しく3日連続の更新。(^_^;) 
題名通り、車を買い替えました。
これも、先月の慌ただしかった週の理由のひとつ。

買い替えに付いて、色々と検討した結果・・・



P150403_1.jpg
これにしました。(^^♪



P150403_2.jpg
ホンダ オデッセイです。
アブソルート EX (2WD・7人乗り)

車の選定において、重要視したのが・・・犬を乗せる事!
今までは、フェアレディーZや、スカイラインといった系統の車ばかり乗り継いできましたが・・・
自身の車としては、初のファミリーカー的なミニバン。(笑)

余談ですが... 歴代のZでは、130ZとZ34以外全て乗っていました。

・・・

車を検討する際、ディーラー等に出向き実車を見て(触って)確かめるのが一番ですが・・・
目当ての車が近場にない場合や、事前に具体的な大きさなどを知るのに役立ったのが
こちら↓のWebサイト


Honda Dog
Honda dogのサイト

実際に閲覧して下さればわかると思いますが、車内の寸法や
クレート等を乗せた時の画像、等々が車種ごとに詳しく載っています。(当然、ホンダ車のみですが)

犬の事のみを考えて車を選ぶなら、ハイエース(バン)か、キャラバンの
2車種が最高ではないか? と、個人的に思いますが...(汗)



P150403_4.jpg
画像奥は、ホンダ フリード・スパイク。 これで我が家は、完全にHonda党。(笑)

今までは、犬を乗せて出掛けるのにフリード・スパイクを使っていましたが
これからは、どちらでもオッケー!!

犬を乗せるスペースは、フリード・スパイクの方が広いけど...
遠出など荷物が多くなる時は、ちょっと大き目なオデッセイかな? (^_^;)



P150403_5.jpg
最新の車は、自動ブレーキやアイドリングストップ等が標準装備のようだけど・・・
今までそんな装備が無かった車を乗り継いできたので、それらに慣れるまで大変。(-_-;)

ステアリング(ハンドル)に色々とスイッチが付いてる !?
取説を見ても、全部覚えるのに一苦労...(>_<)



P150403_6.jpg
早く乗りた~い!! と、犬たちが言っています。(笑)

さあ、犬たちと一緒に何処へ出掛けようかな? な~んてね! !(^^)!


今回も最後までお読み下さりどうもありがとうございました。
では、またね。

にほんブログ村 犬ブログへ  にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ  にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ
どうも、こんにちは。

2014年も残すところあとわずかになりましたが、年頭に挙げた目標は達成できただろうか?
今年を振り返ってみると、あっと言う間の一年でしたが色々な出来事がありました。
「犬たちと楽しく過ごす」という事に関しては、やはり・・・

お泊り会~ドッグショウ見学(長野)~運動会(石川遠征&里帰り) と言った犬を通じての
大イベントは、生涯忘れ得ぬ思い出となりました。

お世話になった皆様には改めて御礼申し上げます。 「どうもありがとうございました」

・・・

さて、そんな今年の締め括り(?)に、新に挑戦(目標に?)してみようと思ったのが
アート/Art(芸術?)です。 まあ、簡単に言えば、ただのお絵描きなんですけど・・・(汗

恥ずかしながら・・・全然、絵心とか持ち合わせていないが
小・中・高の「美術」の成績(通信簿)は、1~5とバラエティーに富んでいた(笑)

そんな奴が何を思ったのか?突然、「絵を描いてみたい!」と思ったのが
ある絵画を見たのがきっかけになった。 その絵画とは・・・



P141229_1.jpg
「橋本 関雪(はしもと かんせつ、1883年11月10日 - 1945年2月26日)」 / 唐犬図(右隻) 1936年

この素晴らしい作品を見て、無謀にも「犬」の絵を描いてみたいと思った。


・・・


しかし、ド素人がいきなり上手に描けるワケもなく...
先ずは、鉛筆画で色々と描いてみよう!と、練習してみた。



P141229_2.jpg
情けないくらい下手だ...

でも、自分でもアホか?と思うほど前向きな「チャレンジ・スピリッツ」で
とにかく描いてみようと、レオとタンタンをモデルに頑張ってみた。



P141229_3.jpg
これは、絵じゃないですよ(笑)

以前に撮った写真をモノクロ印刷して、コレを描いてみることにする。 がっ!!
当然(?)上手く描けないので...ちょっとインチキだが、トレースしてみた。



P141229_4.jpg
鉛筆(5H・2H・HB・2B・5B)を駆使して描いた結果・・・

トレースでも難しい...



P141229_5.jpg
この程度...(汗

読者の少ないブログと言えど、ド下手なインチキ画を WEBで全世界に見せるには
ちょっとばかり躊躇したし、勇気が必要だった...(涙

でも、こうして載せることにより自身を奮起させることにしよう。(笑)
まだ、初めの一歩を踏み出したばかりなので、どうか暖かい目で見てやって下さい。



P141229_6.jpg
モデルはとってもイイのになぁ~(笑
「上手に犬の絵を描く」 を目標に新たな年を迎える事にしよう!

では、最後の画像は・・・



P141229_7.jpg
西田 俊英(にしだ しゅんえい、1953年(昭和28年)4月20日 - )/「ゼウスの世界」

こちらもとても素晴らしい作品。
いや~ ボルゾイは本当に美しい!

自分の飼っている犬を「美しい画」として表現できたら最高ですね。
上手に、綺麗に、味のある、etc・・・ 写真や画、その他でも芸術作品を作ってみたいです。


今回も最後までお読み下さりどうもありがとうございました。
では、またね。

にほんブログ村 犬ブログへ  にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ  にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ

どうも、こんにちは。

以前の記事で少し触れたことがありましたが
普段使っているデジカメ(コンデジ)の調子がイマイチで
撮りたい時に電源を入れても・・・

「もう一度電源を入れ直して下さい」とか「レンズエラー」と、
表示されて電源がなかなか入らない事が、多々ありました。
またAFも、なかなか定まらない事もあったりしましたが、騙し騙し使っていました。

貧乏性なのでしょうか?・・・

完全に動かない様な状態だったら、急いで買い替えるのですが
上記のような状態だったので、買い替える決心が、なかなか決まりませんでした。
機種選びにも迷いましたが・・・

ついに買い替えました。


前置きが長くなりましたが
で、今まで使っていたのがコレ。


P140429_1.jpg
カシオ EX-ZR10

発売したのが、2010年11月 手元にある保証書を見ると、買ったのは2011年8月
発売から約一年後だったので、確か2万円以下で買ったと記憶しています。



P140429_2.jpg
もう一度、電源を入れ直してください...
こんなのが、電源を入れるたびに2度3度でした。

使用頻度が高かったので、かなり頑張ってくれたと思います。
カメラさん、今まで、どうもありがとう。


で、今回買った物がこちら。


P140429_3.jpg
オリンパス XZ 10
発売日が2013年2月で、既にもう、カタログ落ち...

近所の某家電量販店(K)では、展示品限りで約1万6千円で
一年近く展示されていた物だったので、パス。

もう一軒の某家電量販店(Y)では、新品在庫品で1万8千8百円
ネットで調べていた価格より高めだったので、こちらもパス。

結局はネット通販にて、送料込で1万5千円で買うことが出来ました。

少しでも安く買える事は嬉しいのですが
こうして価格競争(デフレスパイラルの原因?)の一端を担っている事に
ほんの少し、後ろめたさを感じるのは、考えすぎでしょうか? ・・・


と、言う事で、新しいカメラさん、こんにちは!これから宜しくね。
早速、充電完了して取説もロクに見ず撮ってみました。



P140429_4.jpg
げ、げ・・・
ナトリウム灯の下で、非常に暗い場所でしたが、最初の一枚。

オートで撮って出し(加工は縮小のみ)の画像。
以下、全て同じ条件。


P140429_5.jpg
そして、これが2枚目の画像。

取説もロクに読まず、オートでポン!と、撮っただけなので
これから色々と設定してみようと思います。

今度は、散歩の帰り道に、スーパーの前にて



P140429_6.jpg
姿勢良く(?)買い物へ行った、ママさんを待つ犬達。

お店の前の軒先で、蛍光灯の明かりの下
肉眼で見る明るさより、明るくきれいに撮れていると思います。

以前のカメラに比べたら、かなりクリアーな印象。

カメラ(写真)の知識やウデも、浅く乏しいので
ちょっとは、学んでみたり色々と経験を積み、カッコいい写真が撮れるよう努力したいと思います。


最後の一枚は・・・



P140429_7.jpg
あ、新しいカメラですか? もしくは・・・
ママさん、美味しい物を買って来てくれるかな?

なんて、楽しそうな表情のタンタンでした。


カメラの性能の知識や、撮影技術は、恥ずかしながら「ど素人」ですので
詳しい方や、コダワリのある方などに、笑われてしまいそうな内容だったかもしれませんが
どうぞ、大目に見て下さいね。

きょうから2~3日は天気が悪そうですが、皆様、楽しい大型連休をお過ごし下さい。


今回も最後までお読み下さりどうもありがとうございました。
では、またね。

にほんブログ村 犬ブログへ  にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ  にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ